読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manga Life in Kyoto

マンガとその周辺をなんとなくうろうろするブログ

マンガはタイムマシン。

現代でも使えるタイムマシンがあるとしたら、

それは意識の中にあると思う。

目を閉じて、イメージしたら、意識はその時その場所に行ける。

自由に行ける。

行きやすいところと行きにくいところはあるにしても。

 

「この手をはなさない」を久しぶりに読み返して

リアルタイムで読んでいた頃の感覚や胸の高鳴り、楽しさ、切なさを

まざまざと思い出していた時、

マンガってタイムマシンだな、と思った。

 

そして、ある人の言葉を思い出してた。

ある人というのは、「まんだらけ」の創業者?の人で、

名前は忘れちゃったんだけど、今ググって調べたら、

たぶん古川益三さんという人みたい。

以前見たドキュメンタリー番組の中で言ってた言葉。

「大人が昔の漫画を買いたがるのは、

 今それを読んで面白いからじゃないですよ。

 娯楽っていう意味でいったら、昔の漫画なんて、

 表現も古いし、もう面白くないですよ。

 でも、昔読んだ漫画を大人になってから読んだら、

 人は、それを読んでた時の自分の感性を思い出すんです。

 その時の感性を思い出したくて、みんな昔の漫画を読むんですよ」

(うろおぼえだけど、こんな感じ)

この言葉、本当にそうだな~~~~と思う。

小学生向けに描かれた少女漫画や少年漫画を、

今はもう素直にそのまま楽しめるわけじゃない。

だけど、やっぱり読み返したくなるのは・・・。

 

りぼんのふろく展」を観た時もそうだった。

見覚えのあるふろく。「これ、持ってた持ってた!」って言えるふろく。

もったいなくて使えなかったふろく。お姉ちゃんと一緒に遊んだふろく。

届いて、使うのがすっごくうれしかった全員サービスのグッズ。

展示室に展示されたそれらのふろく一つ一つが目に入って来た時に、

心がぐわーーーーーーーっと子どもの頃に戻ってしまった。

言葉にするなら何時間もかかりそうな、たくさんの思い出や

あの頃感じてたさまざまな感情が、胸に込み上げてきて、

泣きそうになってしまったほどだった。

ただ単に、「なつかしい」から涙が出るんじゃない。

言葉にできない、込み上げてくるもの、

それこそが「あの頃の感性」なんじゃないかな。

 

これからも、昔読んだ漫画をたくさん読み返すと思う。

そのたびに、私は時空を旅する。

あの頃の私と、今の私が、出会う。

 

今、初めて読んでるたくさんの漫画たちも、

きっと、何十年もしてから読み返したら、

またぐわーーーーーーってこの時代に引き戻されるのかな。

楽しみだな。

いっぱい読んでおこう、今だからこそ読める漫画を。

大今良時の新連載「不滅のあなたへ」

「聲の形」の大今良時さんの次の作品の連載が始まってるのを知りました!

1巻が発売されたみたい。

気になるなぁ。

 

「前作のテーマが『コミュニケーション』だとしたら、

 本作のテーマは『アイデンティティ』」

・・・だそうです。

アイデンティティ

好みっぽい気がする。

給料日に本屋に入ったらうっかり買ってしまいそうです。

natalie.mu

ぼのぼのちゃん、ぼのぼのちゃん!!!

かわええ・・・(o´▽`o)

買わないけどねー!

かわええ・・・(*´▽`*)

てか、ぼのぼのって、今も連載続いてんの!?

「ママレード・ボーイ」 全8巻 吉住渉

ママレード・ボーイ」 全8巻 吉住渉

ママレード・ボーイ コミックセット (りぼんマスコットコミックス) [マーケットプレイスセット]

 

はい、りぼんのなつかしい漫画シリーズ。

これは、私が好きだったというよりも、うちの姉が大好きでしたね~。

吉住渉は、絵がとてもキレイ。

コミックスの柱のコーナーに書いてある吉住センセーのコメントを読んで、

そうそう!アニメも見てたな~とか思い出して、いろいろ懐かしかった。

 

しっかし、いやはや、これもやっぱり、ツッコミどころ満載でした^^;

少女のうちに読んでおいてよかった・・・(笑)。

下世話な話ですけど、もっと遊の性欲が見たかった・・・(爆)。

あと、直前に読んだ「この手をはなさない」とどうしても比べちゃうんだけど、

まっすぐに愛されて育ったキャラクターの人生って、どこか薄っぺらくてつまらなく感じちゃうよね・・・。うーん、愛されて育つことは悪くないのに・・・残念。

 

絵がキレイなのは素晴らしいことで、

自分の中の完璧主義な自分は、そういう作画のキレイさを評価するんですが、

キレイすぎて勢いがない、雑さの中に生まれる美しさや生々しさが足りない、

みたいな風に感じるようになったのは、いろんな漫画を読んで来たからかな。

 

完全版とか出てるんだねー。

ママレード・ボーイ―完全版 (1) (集英社ガールズコミックス)

ママレード・ボーイ―完全版 (1) (集英社ガールズコミックス)

 

 

ちなみに、

以前、「かくかくしかじか」と「脳内ポイズンベリー」が読みたくて、1年間くらい『Cocahana』を買ってた時期があったんだけど、その時に、「ママレード・ボーイ」の続編「ママレード・ボーイ little」が連載されてることを知って、続編好きの私は「おぉ!」とか思って、

いつかちゃんと「ママレード・ボーイ」を読み返してから、ママレード・ボーイ little」も最初からチェックしよう!とか思ってたんでした。

やっと、ママレード・ボーイ little」に手が出せるや。

ちなみに、ママレード・ボーイ little」は、再婚後の組み合わせの両親Sに子どもが生まれて(つまり、光希と遊にとっては、2人とも妹と弟)、その2人が主人公・・・っていう話。たしか、なっちゃんと茗子の子どもも出てくる!

 

「この手をはなさない」(文庫版) 小花美穂

「この手をはなさない」(文庫版) 小花美穂

この手をはなさない―Obana’s earlydays selection (集英社文庫―コミック版)

 

【若干ネタバレあり】

 

マンガミュージアムの「りぼんのふろく展」を観てから、

なつかしのりぼんのマンガ読み返したい欲が高まっている!

ということで、これ!!

個人的には、大ヒットした「こどものおもちゃ」よりもこっちの方が好きだった記憶がある。

・・・けど、柊あおいを読み返して、「ツッコミどころ満載だにゃぁ・・・^^;」と

思ったみたいに、大人になってから読んだら、全然感情移入できないってことも

十分ありうるだろうから、あまり期待せずに手に取った。

・・・が、予想に反して、めっちゃよかった!! 

もちろん、少女漫画という枠の中でだけど、

今でも十分読めたし、じーんとした。

そして、本当に本当に大好きだったな~~~♡ってことを思い出した。

うれしい~~~~~。

由香子が、恒くんのこと

「好き・・・だけど」 「だけど 何」 「・・・こわい」って言ったところ、

あぁぁぁ・・・

幸せになるのが「こわい」んだよねぇぇ(T_T)って、すっごくわかった。

子どもの頃はそんなことわかんなかったな。

わかるようになった今の私が、同じページの前に、いる。

 

ドラえもんの浮世絵 めっちゃイイ!

これ、素敵~!

さすがに買おうとは思わないけど(私はそこまでドラえもんファンでもないし)、

こういうグッズが世の中に生み出されるのは大賛成!

natalie.mu

「江戸時代から技術を継承する職人たちによって、

 荒波の中を航海するドラえもんたちが描かれている。

 最高級の和紙の風合いと、28回におよぶ摺り重ねによる豊かな色彩を楽しめる。」

 だそうです。

ほんまに素晴らしい。

デザインも、ようできてる♡

「魔方陣グルグル」3度目のテレビアニメ化だって!

小学校時代、かなりハマった漫画のひとつ、「魔方陣グルグル」。

校庭に、ホウキの柄で魔方陣を描きまくった!!!

「ギップリャ!」「は~サッパリサッパリ♪」懐かしい!

いつかは読み返したいと思っていたが、このタイミングか!?

別に、アニメは見ないんだけどね。

natalie.mu