Manga Life in Kyoto

マンガとその周辺をなんとなくうろうろするブログ

「陰陽師」 1~3巻 岡野玲子 原作:夢枕獏

陰陽師」 1~3巻 岡野玲子 原作:夢枕獏

陰陽師 1 (ジェッツコミックス)

 

ずっと、ずーっと、読もう読もうと思いつつ手が出なかった作品。

やっと読み始めた。とりあえず3巻まで。

読み始めるきっかけとなったのは、年末にたまたま手に取った

マンガ版「帝都物語」(原作:荒俣宏 漫画:藤原カムイ)。

陰陽道で土地を守護する(あるいは破壊する)という発想が、

「本当にありそう! 面白い!」と思って、急に興味が増した。

あと、よく見に行くブログ「精神世界の鉄人」でも、

晴明紋(五芒星)の話とか出てきてた時があったので、気にはなっていた。

京都に住み始めて3年以上経つけど、

平安神宮には「陰陽師」を読んでから行こうと思ってたので、

まだ行ったことがない(笑)。

読み終わったら、やっと行けるわー。

知人2人からの マンガ版「陰陽師」情報としては、

・最初はわかりやすいが、後半はどんどん哲学っぽくなって難しい!

・最後の方は、きっと何か「降りてきた」内容を描いたんじゃないかな(チャネリング的な意味ね)

・・・だそうです!

楽しみ!!

陰陽師 全13巻 完結セット(ジェッツコミックス)
 

どーでもいいが、

セーラームーン」で、セーラーマーズの麗ちゃんが使っていた

「 臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前!」っていう呪文?は、

これだったのかーーー!!! と思った(笑)。

あと、「ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編ー」で、

輪君が「みおくる夏」を燃やす時に言う

「トホカミ エミタメ ハライタマエ キヨメタマエ」は、

これかーーーーーー!!! とも思った(笑)。