読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manga Life in Kyoto

マンガとその周辺をなんとなくうろうろするブログ

「この手をはなさない」(文庫版) 小花美穂

「この手をはなさない」(文庫版) 小花美穂

この手をはなさない―Obana’s earlydays selection (集英社文庫―コミック版)

 

【若干ネタバレあり】

 

マンガミュージアムの「りぼんのふろく展」を観てから、

なつかしのりぼんのマンガ読み返したい欲が高まっている!

ということで、これ!!

個人的には、大ヒットした「こどものおもちゃ」よりもこっちの方が好きだった記憶がある。

・・・けど、柊あおいを読み返して、「ツッコミどころ満載だにゃぁ・・・^^;」と

思ったみたいに、大人になってから読んだら、全然感情移入できないってことも

十分ありうるだろうから、あまり期待せずに手に取った。

・・・が、予想に反して、めっちゃよかった!! 

もちろん、少女漫画という枠の中でだけど、

今でも十分読めたし、じーんとした。

そして、本当に本当に大好きだったな~~~♡ってことを思い出した。

うれしい~~~~~。

由香子が、恒くんのこと

「好き・・・だけど」 「だけど 何」 「・・・こわい」って言ったところ、

あぁぁぁ・・・

幸せになるのが「こわい」んだよねぇぇ(T_T)って、すっごくわかった。

子どもの頃はそんなことわかんなかったな。

わかるようになった今の私が、同じページの前に、いる。